読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんとか生きる

健康で超絶楽しい人生を送るために

カブの葉の使い道

カブの葉を捨てちゃう人、

ちょっと待ってください!

今日は僕がカブの葉を使った料理を

紹介します。

 

 

カブの葉はとっても栄養があって

捨てるのは勿体ない。

 

βカロチン、ビタミン、ミネラル、
食物繊維などが豊富に含まれていて、

白い部分よりも栄養があるのだよ。

 

せっかくカブを買ったのなら、

これらの栄養を全て体に取り込もう!

 

てことで、作り方を紹介します。

といっても、超簡単なのであっという間に

できてしまうけどね。

 

 

材料

・カブの葉(カブ5個分)

・塩昆布  適量

ゴマ油  大さじ1

 

 

1.カブの葉を食べやすい大きさに切る

 

2.フライパンにゴマ油を引き、カブの葉を

5分くらい炒める

 

3.塩昆布を加えて1分くらい炒めたら

完成。

 

超簡単でしょ?

 

 
f:id:nishi0001:20170511224127j:image

 

おかずとして一品加えても良し。

お酒のおつまみとしても良し。

 

因みに、大根の葉でも同じように

料理できるのでお試しあれ!

 

チャナマサラを作ってみた

どうも、にっしーです。

 

サイヤ料理って

マクロビオティックに似てる。

てゆか、殆ど同じでした。

 

一応、このブログではサイヤ料理で

いきますね。

 

 

今日はひよこ豆を使った美味しいカレーの

作り方を紹介します。

 

 

作るのはチャナマサラという、

インド北西部とパキスタン北東部にまたがる

パンジャーブ地方の料理です。

 

 

 

材料(2人分)

・たまねぎ  半分

・にんにく  1片

・生姜すりおろし 適量

ひよこ豆  200g

・トマト缶  半分

・ほうれん草 1掴み

・サラダ油 大さじ1

 

(スパイス各種) 

・クミン    小さじ1

コリアンダー 小さじ1

クローブ   小さじ1

ターメリック 小さじ1

・チリペッパー 小さじ3分の1

・塩      小さじ1.5

スパイスの種類や量はお好みで調節してください。

 

1.サラダ油を引き、玉ねぎとニンニクを

細かく切って炒め

すりおろした生姜を入れる。
f:id:nishi0001:20170510230411j:image

 

 

2.玉ねぎがしなしなになってきたら

スパイスを全て入れて更に炒める。

焦がさずに、なるべく水分を飛ばす。

f:id:nishi0001:20170510230429j:image

 

 

3.トマト缶とひよこ豆と2cm幅に刻んだほうれん草を

ぶち込む。
f:id:nishi0001:20170510230440j:image

 

 

4.ほうれん草が縮むまでかき混ぜながら

煮る感じで。
f:id:nishi0001:20170510232205j:image

 

 

5.ご飯に盛り付けて完成
f:id:nishi0001:20170510230453j:image

植物性のものしか使ってないので

ヘルシーだし、ひよこ豆でタンパク質も

しっかり摂れる。あと、スパイスの効果で

体が暖かくなってきます。

 

これぞ、サイヤ料理だわ(笑)

1歳になりました

5月9日はゴクウの日。

 

我が家の天使、ゴクウちゃんが

本日1歳になりました。


f:id:nishi0001:20170509222006j:image

1年経つの早いなぁ・・・

 

猫にとって最初の1年って

凄く大事で、この間に一気に大人になります。

 

人間の年齢に換算すると、

最初の1年で20歳くらいになり、

それから1年ごとに5歳ずつ年をとる感じらしい。

 

こんな感じなので、たぶん、

時間の感じ方は人間と違うと思う。

 

どんな風に時間を感じているのかは

想像できないけど

あと何年かしたら僕の歳を追い越してしまうし、

寿命も人間に比べたらかなり短いので、

僕は猫との時間は大切にしたい。

 

「いつまでも一緒にいよう」とは言わない。

共に限りある時間を大切に生きていこう。

 (プロポーズみたいな事言ってるぞ、僕w)

 

脳は結構嘘をつく

どうも、にっしーです。こんばんは。

先ほど、仕事で京都に行ってきました。

先月歩いて行ったばかりなのに(笑)

 

文明の利器(新幹線)を使うと

半日で往復できてしまうのですね。

 

ちょっと複雑な気分。

 

 

 

 

自分の脳の指令に従って生活したら

どうなるのか?

 

唐突だけど、最近疑問に思ってるので

ちょっと考えてみようと思います。

 

 

例えば、「甘いものを食べたい」と

思ったときに素直にチョコなどの

甘いものを食べたらどうなるか?

多くの人は幸福感を感じるかもしれない。

 そしたら、

 

 

甘いものを食べる

幸せになる

幸せになりたい時は甘いものを

食べればよい

 

 

こんな回路が脳にできあがる。

 

甘いものは幸福を感じられるので

脳にとっては凄く良いものだと認識される。

 

でも、逆に体にとってはあまり良いものじゃない。

 

甘いものを食べると血糖値が急上昇して

一瞬疲労が回復した感じになるけど、

大量のインスリンが分泌され、

血中の糖分が脂肪として

蓄えられる。また、腸内環境も悪化させる。

体にとって悪い効果が多い。

 

ここで白砂糖の毒性について書くと

長くなりそうなので、

別の機会にします。

 

とにかく、体にとっては

白砂糖を使った甘い食べ物は

良いものじゃない。

だから、本来なら体は甘いものを

欲しがらないハズです。

 

 

脳は欲しがるのに体は欲しがらない。

両者の間に対立構造が見えますね。

 

でも、脳は体を使役して

摂るしかないから、対立してたらダメ。

だったら、脳はどういう行動にでるのか?

 

嘘をついて体を騙すしかない

 

 

先述したように、体は甘いものを摂ると

血糖値を上げて疲れを感じなくなる事を

知っている(本当に疲れが取れるワケじゃない)。

ならば、体を騙して疲れを感じさせればいい。

 

厳密にいえば、体に「疲れている」と

錯覚させる。

 

 

体は疲れてないのに疲労感を

感じさせられ、甘いもので悪い影響を受ける。

全ては脳の快楽のため。厄介だな。

 

 一部の政治家が己の利権のために国民を

食い物にするようなイメージだ。

 

これをどうにかしたいのならば、

疲れを感じていても甘いものを

食べないようにするのが一番いいと

思います。

 

脳は禁断症状を出して対抗してくる事も

あるけど、それを乗り越えてしまったら

諦めてくれるから。

 

それからは、疲れも感じにくくなって

甘いものも欲しがらなくなる。

 

 

脳は重要な指令を出すことも多いけど、

脳の指令にだけ従って生きていたら

とんでもないことになるだろう。

 

今回は甘いものを例にとって

考えてみたけれど、

他でもこういう事はあると思います。

 

なので、脳だけじゃなくて

体の発する声もしっかりと聞くこと

健康を維持する上で重要ですね。

 

 

 

まあ、でもたまにはご褒美として

甘いものを食べるのもいいかも(笑)

 

 

サイヤ料理

どうも、にっしーです。

ゴールデンウィーク終わりました。

皆さま、楽しめましたか?

 

僕は・・・ええ、ほぼ仕事してました。

東海道歩いてた分、しっかり働きました。

自分比で割と頑張ったと思います。

 

 

さて、先日「哺乳類を食べない」という

記事を書いたと思うんだけど、

 あ、こちらの記事です。

nishi0001.hatenablog.com

 

「お肉食べないんだったら何食べるんだ?」と

リアルでいろいろな人に

言われてしまいました。

 

僕の普段の食事では、

食事を楽しむという目的もあるけど、

健康な状態を保つことと体力をつける事が

主な目的。

 

だから、穀物と野菜を中心に食べる。

 

「お肉食べなきゃ体力つかねーんじゃねーの?」

なんて声も聞こえてきそうだけど、

いいえ、そんなことは全然ない。

 

実は、お肉よりも大豆の方がタンパク質は

多く含まれている。だから、

大豆でかなり筋肉をつけることはできる。

体力は十分につくハズだ。

 

実際、東海道を歩く3ヶ月前からお肉を

食べてなかったんだけど、

それでも踏破できたから

体力的には問題ないと思う。

 

 

僕は、ドラゴンボールの主人公みたいに

強くなりたいという願いを込めて、

穀物と野菜だけで作られた料理を

サイヤ料理と勝手に呼んでるんだけど・・・

 

サイヤ料理・・・強くなれそうでしょ?(笑)

暫くお肉はやめて、サイヤ料理を食べて

いろいろ試してみようと思います。

 

 

せっかくなので1つ、

誰でも簡単に作れるサイヤ料理を紹介します。

 

 

どどん!!
f:id:nishi0001:20170507234729j:image

夜遅くに作ったので、すっごい

手抜きな感じの料理になってるけど(笑)

 

写真の手前にあるのは肉っぽいが、

肉ではありません。

 

大豆ミートを醤油と生姜で味付けして

焼いたものです。

 

味は、豚の生姜焼きと殆ど変わらなかった。

 

 

因みに、これが大豆ミート(写真左)。
f:id:nishi0001:20170507235137j:image

まるっきりお肉なので、

お肉の変わりとして使えるし、 

普通のスーパーにも売ってると思う。

 

右に写ってるマヨネーズは

動物性食品フリーで、レタスなどに

つけて食べるとめっちゃ美味しい!!

 

 

僕はヴィーガンじゃないんだけど

植物性食品で作られた料理は

凄く美味しいので

これからたまにサイヤ料理として

紹介していこうと思います。