にゃんとか生きる

健康で超絶楽しい人生を送るためにいろいろ挑戦するブログです

にゃんとか生きる

懸垂器具を自作してみた

どうも、にっしーです。こんにちは。

 

とうとう懸垂器具を自作してしまいました。公園に行けば鉄棒があるから懸垂できるんだけど、人目が気になります。やはり自宅で懸垂をしたい。

 

てことで、今日は作った懸垂器具を紹介します。

 

材料

単管パイプ2m 2本

     1.5m 2本

     1m 2本

 

単管パイプL継 2個

     K継 2個

 

材料はこれだけです。かかった費用は7000円くらい。建築現場の足場として使うものだから強度的には問題ないでしょう。単管パイプは長いのを購入して自分でカットすればもうちょっと安くなるけど、めんどくさいのでやりませんでした。

 

あとL継、K継と単管パイプを繋げるのに六角レンチが必要なので、持ってない場合は買う必要があります。六角レンチはいろいろなサイズがあるので、買うときは必ずサイズを確かめた方が良いですね。

 

作り方

作り方はめちゃくちゃ簡単です。単管パイプを繋ぐだけなので10分もあればできちゃいます。

 

完成品はこちら。

f:id:nishi0001:20170712101924j:plain

縦2m、横1.5m、奥行1mで設計しました。

 

 

 まずは土台と支柱部分の作成。パイプ(1m、1.5m、2m)をK継でつないで六角レンチでしっかり締めます。

f:id:nishi0001:20170712102609j:plain

 反対側も同じようにやりましょう。

 

 

あとはぶら下がる部分(1.5m)の両端にL継を装着して、上にはめてしっかり固定すればできあがりです。

f:id:nishi0001:20170712102604j:plain

 

 

ただし、K継の部分が下に少し出っ張ってるので、少し前後に揺れてしまいます。特に気にならないのだけど、四隅をカットした1×4材で浮かせたらビクともしなくなりました。これなら激しく懸垂しても全然大丈夫。

f:id:nishi0001:20170712103522j:plain

 

これで好きな時に懸垂ができます♪ 懸垂は背中の筋肉を鍛えるのに最適なトレーニングなので、カッコイイ背中を目指して頑張ろうと思います。