どこまでも歩く

にっし~が好き勝手に書く雑記ブログです

奇妙な縁と猫の魅力について

どうも、にっしーです。こんにちは。

昨日はうちの猫2匹を紹介しました。

 

nishi0001.hatenablog.com

 今日も猫について書きたいなーと思います(笑)

 

猫との奇妙な縁

僕は、小さい頃に犬を飼ってたので犬派でした。従順で賢く、いつもハイテンションで遊び相手になってくれる。そんな犬が好きで、「猫は一生飼わないんだろうなぁ」なんて思っている時期がありました。

 

ところがですよ、僕は27歳の時(2010年の初夏)に1匹の子猫が庭で泣いているのを見つけてしまったんです。小さな体をプルプル震えさせてたので、タオルに包んで保護し、「とりあえず子猫が元気になってからどうするか考えよう」というような軽い気持ちでいたんだけど、みゃーみゃー鳴いてるその愛くるしさに一瞬で心を撃ち抜かれ、次の日には飼う決意をしてました。

 

残念ながら、僕が初めて飼った猫は2014年に亡くなってしまったのですが、その年から初夏になると何故かうちの庭に猫が現れるようになりました。2014年に現れたのは前回の記事で紹介した茶白のプー吉です。あの頃はまだ生後半年くらいで子猫っぽさがまだ残っていたなぁ(今は貫禄が出てきたけどw)

 

 

そして2015年は赤ちゃん猫4匹です。

f:id:nishi0001:20170619110617j:plain

 それぞれ違った毛色をしていました。

 

 

f:id:nishi0001:20170619110439j:plain

 プー吉と一緒に。プー吉、ちょっと緊張しています(笑)

 

 

youtu.be

「4匹もどうしよう・・・」って途方に暮れてたけど、いろんな人の協力もあって全員里親に出すことができました。今でも里親さんからお便りを頂いたりしてます。

 

このとき、ふと思いました。こういう猫たちの里親を探す活動を将来やってみたいなーと。殺処分される野良猫の数も減らせるし、猫を飼いたいって人の要望にも応えられるし、こんなに素晴らしい事は他には中々無いんじゃないかと。

 

で、2016年は前回の記事でも書いたうちのゴクウです。

 

2017年はどんな猫が来るのかなーと楽しみにしているんですが、まだ来ないですね。やっぱり4年連続は無いかな?

 

もう既に子猫の里親になりたいって方がいるんだけどね(笑)

 

猫の魅力

猫は、存在自体が魅力だと言っても過言ではないです。そこにいるだけでいい。

 

爪で柱を引っ掻こうが、勉強中に机に乗ってこようが、人のごはんを盗もうが関係ない。猫だから全て許せてしまう・・・そんな魅力があります。

 

猫の寝顔は最高。本当に幸せそうな顔をして寝るので、見ているこっちも幸せになります。

 

ある日、揚げ物を作っている時に突然プー吉が背中に飛び乗って来て大惨事になりかけた事がありました。また、ケージの最上段から寝返りをうってトイレに垂直落下するというあり得ないくらいドジな一面も見せてくれました。

 

このように、猫の行動は人には予測できませんw それもまた猫の魅力と言えるでしょう。

 

次回の記事では、猫の飼い方について書こうと思います。