にゃんとか生きる

健康で超絶楽しい人生を送るためにいろいろ挑戦するブログです

にゃんとか生きる

浜松の楽器博物館が予想以上に凄かったw

こんばんは、にっしーです。

 

先ほど、コンビニで明太子おにぎりを

レンチンされて、たらこおにぎりにされました。

「アタタメマスカ?」と聞かれて、「はい」と

答えてしまった僕が迂闊でした。

 

 

今日は東海道歩き旅8~9日目で訪れた

ヤマハ掛川工場と浜松の楽器博物館の

レビューをしたいと思います。

 

2つとも東海道とはちょっと離れているんだけど、

楽器やる者としては素通りできないかなーと思って

寄ってみました。

 

 

ヤマハ掛川工

f:id:nishi0001:20170502212927j:plain

こちらは、ヤマハ掛川工場内にあるハーモニープラザ。

ピアノのショールームがあった。

ショールームのピアノは殆どが試弾でき、撮影も自由。

工場は見学できなかったので、ショールーム

遊びまくった。

 

 

f:id:nishi0001:20170502213124j:plain

掛川工場モデル(?) 

譜面台に富士山が描かれていた。

 

 

f:id:nishi0001:20170502213600j:plain

明治時代のオルガン。創業者の山葉寅楠氏が作ったもの。

触れなかったのでどんな音が出るのかはわからない。

 

 

f:id:nishi0001:20170502213837j:plain

レトロな雰囲気が漂う1900年製のグランドピアノ。

明治天皇が最初に買われたのだとか。

その後、いろんな人の手に渡って

ここに来たらしい。

正直、調律はかなり狂っている。

当時の部品をそのまま残しておくことに

しているため、チューニングピンは取り替え

られないそうだ。

 

 

f:id:nishi0001:20170502214845j:plain

小室哲哉さんプロデュースのグランドピアノ。

形がなんか未来っぽい。

変形して空を飛びそう。

 

 

f:id:nishi0001:20170502215104j:plain

響板に使われるスプルース。

初めて見た。こんなにデカイのか。

 

 

f:id:nishi0001:20170502215250j:plain

リヒテルルーム。

リヒテルが愛用したピアノが2台並べられてた。

左がCFで右がCⅢSだったかな(うろ覚え)。

このピアノ、響く響く!

特に低音の迫力がヤバイ!

ベートーヴェンピアノソナタを弾いてたら

止まらなくなった(笑)

今度はホールで弾いてみたいなー。

誰もいないホールで(笑)

 

 

f:id:nishi0001:20170502220049j:plain

他にもいろいろなピアノがあったけど、

それぞれタッチの重さや鍵盤の深さ、

音の響き具合などに個性があった。

やっぱ、ピアノって有機物で生きてるんだなー

なんて事を思った。

 

 

浜松楽器博物館

公立の博物館としては最大規模。

博物館ていうと大体は撮影禁止なのだけど、

ここは撮影O.K.だった。

ただし、楽器に触れることは体験コーナー以外では

できなかったが、録音を聞ける楽器はいくつかある。

 

 

1Fは主にアジアの楽器が展示されていた

f:id:nishi0001:20170502211639j:plain

すっごい金ピカな楽器。

 

 

f:id:nishi0001:20170502211647j:plain

これで叩かれたらめっちゃ痛そう。

 

 

f:id:nishi0001:20170502211653j:plain

どのへんが楽器?困ったホワイトタイガーにしか

みえないけど。

背中のギザギザの部分を叩いたりするのかな。

 

 

f:id:nishi0001:20170502221341j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502221443j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502221911j:plain

知らない楽器がいっぱい!

ちょっと興奮した。

 

 

f:id:nishi0001:20170502221952j:plain

なんとなくピアノに似てるよね。

 

 

f:id:nishi0001:20170502223003j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502223042j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502223112j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502223319j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502223410j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502223448j:plain

とにかく、不思議な楽器がいっぱいあったので、

訳もわからずに写真を撮りまくったのでした(笑)

知識が無くても見て楽しめると思う。

 

 

続いて、地下1Fへ。

f:id:nishi0001:20170502223853j:plain

インパクトありすぎ!

木の中は空洞になってるから、

叩いて音を出すのだと思う。

顔も楽器の一部だろう。

 

 

 

f:id:nishi0001:20170502224144j:plain

アフリカ起源の親指ピアノ。

拷問されてるようにしか見えないんだが。

どんな音がするのか凄く気になる。

 

 

f:id:nishi0001:20170502225709j:plain

顔がwww

 

 

f:id:nishi0001:20170502225850j:plain

本当に不思議な楽器がいっぱい。

西洋楽器しか知らなかったから

どんどん常識がぶっ壊されていった。

 

 

そして、最後は鍵盤楽器コーナーへ。

 

f:id:nishi0001:20170502224418j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502224710j:plain

なんとなく中二病心をくすぐられるピアノたち。

悪魔的な何かを召還できそう。

 

 

f:id:nishi0001:20170502225120j:plain

燭台付きのピアノ。

 

(部屋の明かりを消し、ローソクの明かりを頼りに

ピアノを弾く。曲は何がいいかな・・・

ショパンノクターン13番にしよう。

聴衆は誰もいない・・・ただ自分自身のために弾く)

 

 

妄想が膨らむぜ!!

 

 

f:id:nishi0001:20170502230146j:plain

クリストフォリによるフォルテピアノ

最初に作られたと言われてるピアノ。

学芸員さんの実演と解説もあった。

現代のピアノと比べて鍵盤の数は少なく、

音も遥かに小さいが、チェンバロとは違って

打鍵速度の調節で音の大きさが変化していた。

 

 

 

f:id:nishi0001:20170502231527j:plain

鍵盤がキラキラしてる

 

 

f:id:nishi0001:20170502231408j:plain

ショパンが愛したプレイエルのピアノ。

 

 

f:id:nishi0001:20170502231917j:plain

こちらのピアノ、一見普通のピアノだが・・・

 

 

f:id:nishi0001:20170502232035j:plain

ダンパーが逆になっているのだ。

現在、このタイプのピアノは作られていない。

 

 

f:id:nishi0001:20170502232154j:plain

 

f:id:nishi0001:20170502232255j:plain

他にも面白い楽器が展示されていたけど、

全ての写真を撮る時間もなかったので、

この辺で。

 

 

浜松楽器博物館は楽器好きな人なら

絶対楽しめると思います。

僕もまた浜松に行く事があったらもう一回

行こうと思います。

 

広告を非表示にする